初心者サンシのちまちまゲーム記録帳

ちまちま、こまごま、のんびり、なゲームがすき。マイクラやsims4にはまっています。

FTB・Infinity Evolved Skyblockを1からプレイ 36 AE2自動クラフト開始&ThaumCraftとの連携に向けて準備

 スクリーンショットの撮り忘れが多いので

レシピがなくて文字情報が多いですがご了承ください。。

分かりにくいところはご指摘いただいたら撮ってきますね。

 

 

AE2を開始するための材料準備(刻印機類などなど)と

電力安定確保もできたので

本格始動&ソームクラフトとの連携をさせていきます。

 

○必要なものを準備○

AE2のほうの材料はだいぶ揃っているのですが、

ソームクラフトの方の材料を準備してませんでした。

AE2の倉庫やらなんやらを作ってからソームクラフトと連携させていくので、

作っている間にソームの方の準備も終わるようにしておきます。

 

まずは

f:id:san-shi34:20170907204012p:plain

オーラノードの育成。

 

蜂でなくても他のオーラノードを吸収させて育てる等やり方は色々あるので

全部の相含まれていれば容量小さくてもいいかもしれません。

 

 

○(歪みをためて)エルドリッチの守護者が現れたら確保

ソームクラフトを進めていくと、歪みというものが溜まりますよね。

溜まってくるといろんな厄介な現象が起きるんですけど、

そのうち霧と同時に半透明の騎士みたいなのが出てきます。

それをEnderIOの小瓶でゲットします。

f:id:san-shi34:20171001220333p:plain

ゲットできたらオートスポナーに加工して

トラップを作ってアイテムを集めておきます。

 

何が欲しいかというと、こいつを倒した時に出てくる魂みたいなアイテム、

天上のエッセンスというんですが、

これが必要なのです。

 

AE2と連携させることの大きなメリットとして、

エッセンシアをデータ保存できる事があります。

瓶で貯めていると場所とるし管理めんどくさいし、ってなる上に

レシピ改変などで大量に要求される際に瓶を並べ替えたりするのは

本当に手間。

 

なのでそのあたりをデータ化、供給も自動化、って出来るのはとても便利です。

 

そのために、エッセンシア専用のストレージを作る時などのクラフトで

この天上のエッセンシアが必要です。

ネザーでウィスプを倒してもいいし、要らないオーラノードを壊してもいいです。

どの方法でも問題ないですし

天上のエッセンシアの種類もどれでもいいです。

 

エルドリッチからは眼もでるので

 

f:id:san-shi34:20171001220417p:plain

 

BloodMagicなどでも使うし、最低5個集めたいので

トラップにしちゃいましょう。

 

ドロップ率は低いので

気長に準備しつつ在庫が集まるのを待ちましょう。

 

 

続きを読む

FTB・Infinity Evolved Skyblockを1からプレイ 35 電力事情を更に強化・BigReactors

前回AE2の下準備を始めたので、

材料をちまちま作っている間に電力を強化しておきます。

 

AE2は電力が供給できなくなると

倉庫の中身をのぞくことができなくなります。

電力は余裕を持って使えるような状況にしておくと

レーザー施設も強化できるし、一石二鳥ですね♪

 

というわけでBigReactorsの発電機を準備します。

 

 

今回も配置等はこちらのいま様の動画を参考にしております。

 

続きを読む

FTB・Infinity Evolved Skyblockを1からプレイ 34 AE2をスタートさせる・下準備回

蜂関連を先にまとめたので時系列が前後していますが

蜂の特に序盤は時間がかかるので、

その間に平行してAE2を始めておくと後々楽ちんです。

 

というのも、蜂関連はアイテムが細かいわ多いわスタックもできないわで

管理が結構大変です。

オス蜂や蜂のDNAなどをAE2で管理しないで行う場合でも

(私は今回はAE2にこれらの在庫を読みとらせてなかったです。)

蜂が作る生産物が増えるほど、倉庫に仕分ける設定を行うのも大変です。

 

また、ソームクラフトを進めていくと要求されるエッセンシアが大量になってきたり

エンドコンテンツに向かうほど魔術アイテムも大量に用意する必要が出てきます。

 

アドオンでAE2と連携できるようになっているので

大量にエッセンシアを溶かして保持しておいたり

自動クラフトに組み込むほうが楽なのです。

 

実績にもレンチを作る項目があるので

まずはレンチを作っていきます。

 

続きを読む